読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

e~読書

オーディオブック・電子書籍について書いたり書かなかったり

あさがおと加瀬さん。 加瀬さんシリーズ ~Kindle Unlimitedで読める本~

※掲載日(2017.3.25)時点の情報です。ご注意ください。

 

隣のクラスの加瀬(かせ)さんは、陸上部のエースで美人の女の子。内気な緑化委員の山田(やまだ)は、彼女が世話しているアサガオの前で加瀬さんに声を掛けられて!? ピュア百合アンソロジー「ひらり、」から生まれたコミックス第1弾。「未満れんあい」「ツインバード」の高嶋ひろみ先生が描く、ピュアピュアでドキドキのGIRL’S LOVEストーリー!

 

 

Ads by Google

東日本大震災通信復興前線ルポ~Kindle Unlimitedで読める本~

※掲載日(2017.3.24)時点の情報です。ご注意ください。

 

 ▽▲東日本大震災通信復興前線ルポ▽▲

過酷な被災現場での通信インフラ復旧作業でみせたNTTグループこれが「つなぐDNA」の底力だ!改めて思い知る地震津波の猛威。そして力強い復旧・復興でわかった、日本が誇る技術者たちの「現場力」。

 

 

Ads by Google

地味だけど見逃せない、「ブックパス」読み放題サービスで『本好きの下剋上』を読む

雑誌やコミックも含む電子書籍の読み放題サービスと言えば、アマゾンの『Kindle Unlimited』がメジャーですが、auスマホタブレット、PCと利用できる端末の自由度が低いためか、あまり知名度はありませんが、auの「ブックパス」の読み放題サービスもなかなかに侮れません。

利用できる端末の自由度では劣るものの、最大一度に10冊までしか電子書籍を端末にダウンロードできないKindle Unlimited』に比べ、「ブックパス」の読み放題サービスは、好きなだけスマホタブレットに読み放題の対象の電子書籍をダウンロードできていつでも読めるのでので、その点については自由度があると言えます。(但しPCはダウンロード不可でストリーミング再生のみ)

月額562円とKindle Unlimited』に比べてもお安いので、auスマホタブレットユーザーにとっては読みたい本がどれだけあるかによって、検討してもいいサービスかも。

 

現在、「ブックパス」の読み放題サービスでは、香月美夜さんの『本好きの下剋上』は、第二部「神殿の巫女見習いIII」までが読み放題の対象となっています。

「ブックパス」読み放題サービスで、心ゆくまで異世界ビブリア・ファンタジーを堪能するとします。

www.bookpass.auone.jp

 

Ads by Google

小説のオーディオブックで注意すべきポイント

オーディオブックで気をつけなくてはいけない最大のポイントは、基本は一人の朗読者による朗読である、ということなわけで。

 

ビジネス書・自己啓発本であればこの点はさほど気にならないけれど、小説のように複数の登場人物の会話や地の文を一人で朗読することになります。
これが許容できるかどうか、が一番大きなポイントになるわけで。
(もちろん、登場人物一人一人に演者さんがつく作品もありますが)

 

いかに朗読する方が演技達者であっても、声のトーン、口調を変えたりしても、老若男女を演じ分けるにも限界が有ります。

 特に女性の登場人物がある小説で、ナレーションが男性1名の場合は、少々残念な場合があったりします。

 

例えば、“90年代のエラリー・クィーン”と呼ばれたシステリー作家有栖川 有栖さんのデビュー長編「月光ゲーム Yの悲劇'88」のオーディオブックがアマゾンの定額オーディオブック配信サービスAudibleに登録されていますが、これは男性1名による朗読なわけですよ。

 

 

個人の感想ですが、やはり男性が女性の登場人物の声を出すのは、ちょっと・・・なぁと。(その女性が魅力的なキャラクターであるほど違和感は出てくる訳です)

むしろ女性が男性を演じる方が違和感は少ないのではないかと思います。

一方、同様にAudibleに登録されている“平成のエラリー・クイーン”青崎 有吾さんのデビュー長編「体育館の殺人」は、女性1名による朗読ですが、男性キャラの台詞も、男性の朗読に比べれば相対的に違和感を感じません。

 

 

登場人物毎に演者がつくのが理想なんだけど、それが無理なら女性の登場人物が重要な役割を持つ小説のナレーションは女性にやって欲しいと思うわけで。

 

Ads by Google

「FeBe」、今日買った本(2017/3/20)

実はオーディオブック配信サービス「FeBe」のプレミアム会員だったりする。

ちなみに「FeBe」の会員には、登録料無料の通常会員と月額課金があるプレミアム会員がある。

(プレミアム会員の利点については、https://www.febe.jp/membershipを見てもらうとして)

オーディオブックは電子書籍に比べてお値段が高いのが難点だけど、「FeBe」では、毎週月曜・木曜に40%OFFセールを『プレミアム会員』向けにやってくれる。

 

だから欲しいオーディオブックがたくさんある人は、プレミアム会員』になってセール情報を活用するのが、おサイフに優しいわけだ。

セールはそれ以外にも時間限定でゲリラ的に開催されたりするので、こまめにチェックが必要だけどね。

さて、「FeBe」の気になる新刊情報。

頭がいい人の「論理思考」の磨き方のオーディオブック情報 - 聴ける本【FeBe(フィービー)】

▲▽頭がいい人の「論理思考」の磨き方▲▽

 

www.febe.jp

価格が1,512円 なので、プレミアム会員の月額課金1300円で貰えるチケット1枚で買える対象とは言え、価格的には微妙なので、40%オフか800円セールに出るのをひたすら待ち続けるのが吉。

ちなみに来月にチケットで買おうと考えているのはこちら。

▲▽影響力の武器 戦略編: 小さな工夫が生み出す大きな効果▽▲

 

www.febe.jp

 

やはり2000円オーバーのオーディオブックはチケットを活用したいわけで。

 で、プレミアム会員』向けに今日だけの800円セールがあったので、その中から今朝は「論点思考」をチョイス。定価(1728円)だとやっぱりちょっと買いづらいよね。

 

オーディオブック
書影
論点思考
内田和成
1,728円
FeBeで買う

 

Ads by Google